ガラスを傷つけずに汚れを取る拭き方のコツ

glass_scratch
しばらく放置していると徐々に汚れてくる窓ガラスは、定期的に掃除をしなければその美しさを維持することはできません。ですから、できるだけ見栄えの良い窓ガラスを維持しようと考えておられる方は、ガラスの清掃を欠かさないのではないでしょうか。しかし、頻繁にガラスの清掃をしているとふと気づくことがあります。それは「ガラスの汚れを取っていると、ガラスに傷がつくことがある」という点です。ガラスの種類にもよりますが、手荒な清掃をしなくても傷がついてしまうことが多々あります。この経験がある方は、できるだけガラスを傷つけない拭き方を知りたいと思ってしまいますよね。それではガラスの汚れを取る時に、傷つけない拭き方のコツを、私が伝授いたしましょう。

ガラスを拭く際に気をつけなければならないコツを大まかにまとめてみると、拭き取る素材にこだわること、そして技術を磨くこと、この二つにつきます。まず技術の方から触れるとすれば、基本的にはゴシゴシとこすらずに優しくガラスを拭いてやることが大切です。優しく汚れを拭き取ってやれば、不要な傷がつくことを防げるのは間違いないでしょう。

しかし、優しすぎると肝心の汚れが落ちないということが考えられますよね。それゆえに、ガラスの清掃を行う際に便利な物品や素材を使用することが大切になってくるのです。まずその物品として考えられるのが、ガラス清掃を行う際に使用できる洗剤です。ガラス専用の洗剤を使用すれば、汚れが表面に浮かび上がってきますので、それをサッと拭き取るだけで十分な清掃になります。そしてそれを拭き取る素材として、ふわふわのスポンジを使用すればいいでしょう。そうすることによって、確実にガラス清掃の際に傷がつくことはありません。以上の点が、ガラスを傷つけずに汚れを拭くコツになります。もし次にガラス清掃を行う機会があるのならば、このコツを試してみてはいかがでしょうか。