音大生はアパートを防音ガラスにしている

soundproof_glass
大学に進学し、県外や少しだけ離れた場所に生活の拠点を移さなければならないとなった時には、ほとんどの人がアパートなどの賃貸住宅を借りるものです。そんな賃貸住宅は、大学生なりに色々な工夫がなされており、その学生の色が出ているアパートになることが多い傾向にあります。そのアパートの特徴として、音大生はどのような特徴があるのかというと、その部屋のガラスを防音ガラスにしていることが挙げられるでしょう。

音大生が防音ガラスにしなければならない理由は、何と言っても音が外に漏れないようにするためです。というのも、音大生は学校でも楽器を弾く勉強をして、さらに自宅に帰っても楽器を弾く勉強をします。そのため、その楽器の音が近所迷惑にならないようにする工夫をしておかなければなりません。それが音大生がアパートのガラスを防音ガラスにする大きな理由です。

ではこの防音ガラス、そこまで外に音を漏らさないものなのでしょうか?これについては、そのアパートの壁が音を通しにくいかどうかにもよりますが、防音ができるほどの壁のアパートであれば、防音ガラスを取り付けることによってかなりの音漏れを防ぐことができると言えます。さすがに深夜に楽器を弾くというのは難しいかもしれませんが、夕方から夜9時頃のまだ生活雑音の多い時間帯であれば、隣人が音をそれほど気にすることは無いレベルに音を抑えることができるでしょう。

このように音と共に生きている音大生が使用している防音ガラスでありますから、一般の人が使用することにおいてもかなり便利であることは間違いありません。自宅で一人歌うことが好きな人も、小さい子供がはしゃいで近所迷惑になるような家庭も、そして外部の騒音がわずらわしいという場合でも、防音ガラスは十分に対応することが可能です。ですので、もし少しでも住居の音に関する困りごとがあるのならば、防音ガラスを取り付けてみるのも良いかもしれません。