高室温になる原因”西日”を防ぐ立役者は窓ガラス!

sunday_window
午後になると差し込む西日、夏場は部屋の中がサウナのようになってしまいます。また、西日は暑さだけではなくカーペットなどの色褪せの原因にもなります。お困りの方も多いのではないでしょうか。では、西日対策にはどのようなものがあるのでしょう。すだれやグリーンカーテンなどいろいろと方法はありますが、私が今回ご紹介するのは窓ガラスによる西日対策です。

窓ガラスによる西日対策として挙げられるのが、二重窓にすることです。従来の窓に加えて内窓を付けて二重にするのですが、この内窓を遮熱性能に優れたものにすることで随分室内の温度に差が出てきます。また、冬場の防寒対策としても有効で空調の効きも良くなる効果があります。その他にも結露を防止できるなどのメリットも二重窓にはあります。現在使用しているガラスに日射調整フィルムや遮熱フィルムを貼りつけるというのも有効な手段です。紫外線もシャットアウト出来、ものによっては国からの補助金の対象に場合もあります。

フィルムを貼りつけるのに少し似ているのですが、合わせガラスを使用するというのも効果があります。合わせガラスとは、ガラスとガラスとを樹脂膜で接着して1枚のガラスにしたものですが、その樹脂膜を遮熱性が高く紫外線をカットできるものにすれば、日射調整フィルムや遮熱フィルムを貼りつけるのと同様の効果が得られます。また、合わせガラスは割れても破片が飛び散りにくいので安全性も優れています。すだれやグリーンカーテンも大変有効ですが、窓ガラスによる西日対策を選択肢の1つとして入れてみてはいかがでしょうか。